靴カメラを作るために準備するモノについて

はじめに、「靴カメ」とは

まずは、靴カメって何?というところから始めます。

 

このサイトに来られた方のうち99%は知っていると思いますが、一応念のため(笑)

 

靴カメラ、通称靴カメは、靴にカメラを仕込むことによって、靴から上のものをターゲットとして撮るためにマニアの間で開発されたものです。

 

 

ビデオカメラが普及しはじめた頃、カメラを分解して靴に仕込んで、イケナイ動画を撮っていた人がいたそうですが、今となってはスマホが普及し、盗撮被害が増えているため、靴カメを使用して盗撮をすると逮捕されます。

 

靴カメを家で作って家の中で遊ぶのは大丈夫ですが、外で使用すると捕まりますので、絶対外で使用しないようにしましょう。また、許可を得てない人を撮ってもダメです。

 

準備するものその1

まずは、靴について。

 

世の中には色々な靴が出回っていて、本当に様々なタイプの靴がありますが、靴カメとして使用されるものは限られているようです。

 

まず、色が「黒」であること。これは靴カメは、靴にカメラを取り付けるための穴を開けるわけですが、レンズが目立たないようになる色ということで、黒色が一番無難なようです。

 

そして、メッシュタイプであること。

 

メッシュだと、穴が無数にあいているようになっているので、穴の所の下の布地に穴をあけてカメラを仕掛けても、まったく目立たなくなります。

 

そういうわけで、黒色のメッシュタイプのスニーカーが一番靴にカメラを仕掛ける、靴カメに適しているようです。

 

このような感じでしょうか?

 

en1_05

 

準備するものその2

次にこのような市販のリモコンタイプの小型カメラを用意します。

 

レンズが小さいものであること、レンズ → ケーブル →録画機? となっているものであること、リモコンタイプであること、が必須です。

 

リモコンタイプだと、電源オンオフがしやすいので、便利なようです。

 

en1_04

おすすめ動画

↓以下は管理人がよく購入している動画販売サイト「Pcolle」にある、厳選オススメの動画です↓
↓メールアドレス(フリーメールでOK)を使ってダウンロード会員登録すると購入できます。↓
携帯で購入しても、期限内ならパソコンで何度でもダウンロードできます。

 


 

 

次のページへ

 

 

トップページへ